管理者プロフィール|EASEプログラム®| 慢性看護CNS研究会ブログご利用にあたってリンク転院サマリー English

セルフマネジメント看護研究会



本研究会の目的は、慢性疾患患者のセルフマネジメントの看護とその関連領域に
関する、患者の理解、問題の焦点化ならびにその対策について、臨床と研究の場
か共に検討し、理論と実践の有機的な統合と看護の質の向上を図ることである。

活動内容:毎月講演会を行っています

主な講演・活動内容

 

最新の情報はブログをご覧ください。

http://blog.ap.teacup.com/ease-program/


2013年1月 〜お知らせ〜

第41回群馬県腎不全看護セミナー

日 時 : 2013年2月21日(木) 18時40分〜20時30分

会 場 : 群馬大学医学部 「臨床大学院講堂」
      
住所:群馬県前橋市昭和町3丁目39−22
      TEL:027−220−7111

参加費 : 500円

【製品紹介】18:40〜 「レミッチカプセル2.5μg」  鳥居薬品株式会社


【特別講演1】 18:50〜19:30

座 長:医療法人社団三矢会 前橋広瀬川クリニック  田村 美穂 先生

『透析患者のかゆみの看護 ―キーワードは「継続は力なり!!」―』

講 師:群馬大学大学院保健学研究科 教授 岡 美智代 先生


【特別講演2】 19:30〜20:30

座 長:群馬パース大学 保健科学部 看護学科 准教授 上星 浩子 先生

『スキンケアの基本 ―高齢者のスキンケア―』

講 師:群馬大学大学院医学系研究科 皮膚科学 教授 石川 治 先生


本会終了後、情報交換会を予定致しております。


当会への参加は、日本腎不全看護学会が主催する「透析療法指導看護師」認定試験の
受験資格ポイント(参加:2ポイント)と透析療法合同専門委員会が認定する「透析
技術認定士」更新基準の ポイント(参加:2ポイント)になります。




2012年8月 〜お知らせ〜(詳細はこちら
 

日本保健医療行動科学会東京支部・セルフマネジメント研究会共同開催

「ソフトシステム方法論(SSM)ベースのアクションリサーチの理論と実践」

平成24年9月15日(土) 13:00〜16:30(開場12:30)

会場:群馬大学昭和キャンパス保健学科新棟2Fミレニアムホール

参加費:会員200円 会員外500円
  ※駐車場ご利用の場合は200円かかります

プログラム

講師
大東文化大学経営学部             内山研一先生
日本アクションリサーチ協会理事 鈴木聡先生

司会
群馬大学大学院 保健学研究科教授 岡美智代先生

1.講義
 理論編:「SMベースのアクションリサーチの理論」
 実践編:「SSMベースのアクションリサーチを用いたアプローチの実際」

2.Q&A

問い合わせ先
日本保健医療行動科学会東京支部事務局 第91回担当
〒371-8514前橋市昭和町三丁目39-22 群馬大学 茂木英美子
E-Mail:emikok@gunma-u.ac.jp
Tel/027-220-8818



  2011年11月 〜お知らせ〜(パンフレットはこちら

                    
NPOセルフマネジメント看護研究会 公開授業

              ◆包括的アセスメントの実際
              ・糖尿病患者の身体調節機能の視点から    
                      ・糖尿病患者の生活の視点から          
                             講師 :   添田 百合子先生
                        大阪医科大学附属病院看護師長
                              慢性疾患看護専門看護師
                      日時 : 平成23年12月5日() 13:00〜16:10
                      会場 : ミレニアムホール(保健学科 新南棟2)

              ◆慢性病者に関する体制
                     ・セルフヘルプグループとCNS   
                     ・インタープロフェッショナルワークとCNS
                             講師     東 めぐみ先生
                                    駿河台日本大学病院教育担当責任者看護師長 
                                    慢性疾患看護専門看護師
                       日時 : 平成23年12月12日() 9:00〜16:00
                       会場 : ミレニアムホール(保健学科 新南棟2)

              ◆包括的アセスメントの実際
             ・糖尿病患者の心理社会的視点から
                            講師    林 啓子先生
                                  筑波大学大学院人間総合科学研究科非常勤講師     
                            日時 : 平成23年12月16日() 13:00〜16:10 
                                  会場 : 大学院講義室(保健学科 新南棟2階)

           いずれも事前申し込み不要です。



2010年6月 〜お知らせ〜

第25回日本保健医療行動科学学会学術大会

日時:2010年6月12日(土)・13日(日)

会場:前橋プラザ元気21

住所:群馬県前橋市本町2丁目12-1

◆テーマ「心と体に効く支援技術と理論の統合」

◆大会長:岡美智代


   2009年11「保健行動 相互作用モデルを活用した糖尿病患者アセスメントツールの改定」 
            発表者 :越井英美子さん 群馬大学医学部附属病院北
9階病棟看護師

       10糖尿病患者の腎症の有無による家族・医療者のサポートとの比較」
               発表者:李孟蓉 高崎健康福祉大学看護学部


         「世界看護科学学会参加報告」
               発表者:木嶋千枝 済生会前橋病院 看護師

       6月2型糖尿病患者の自己効力感と家族・ 医療者のサポートとの関連」
               発表者:李孟蓉 高崎健康福祉大学看護学部


         「プレアルコホリックに対する看護師の意識に関する文献研究
               発表者:新井清美 目白大学看護学

       5月「慢性疾患疾患看護における質的研究の実際」
            講師:西田みゆき先生


2008年11
        @「糖尿病教育の見直し〜
COXの患者の保健行動相互作用モデルを使用して〜」
                越井英美子(群馬大学医学部付属病院北
9階病棟看護師)

     A「インスリンと食事療法の継続が困難で、教育入院を繰り返しても自己管理の意欲が高
             まらない患者への効果的な援助方法の検討」
                佐藤未和(群馬大学医学部付属病院北
9階病棟看護師)
 10「慢性期看護の新たな取組み―米国ディジーズマネジメントの紹介―」
           岡美智代(群馬大学医学部保健学科教授)
     7月「糖尿病に対する運動療法エッセンス〜運動生理と運動処方について〜」
             長谷川信(群馬大学医学部附属病院リハビリテーション部理学療法士)
          6月「糖尿病教育の見直し〜COXの患者の保健行動相互作用モデルを使用して〜」
      越井英美子(群馬大学医学部附属病院北
9階病棟看護師)
          4「慢性疾患における「患者教育」の概念」上星浩子(桐生短期大学看護学科)
          1月「糖尿病入院患者に初回外来面接を導入して
         講師:群馬大学医学部附属病院北9階病棟 副看護師長   見代 裕子



                              

2007年 12月:忘年会 研究会メンバーでわいわい飲んで楽しみました。
     11月:
       @
「当病棟における入院時患者目標設定の阻害要因と、その解決策の分析と検討」
                        講師:群馬大学医学部附属病院北9階病棟 看護師 越井英美子
A Transtheoretical mode lに基づく介入

         講師:あげお愛友の里  理学療法士 稲田優磨
     10月:『患者のやる気を引き出す参加型糖尿病教室を考える
          講師:群馬大学医学部  附属病院南8階病棟  副看護師長 宮田 洋子
     9月:「当病棟における入院時患者目標設定の阻害要因と
       その解決策の分析と検討」

          講師:群馬大学医学部附属病院北9階病棟 看護師 越井英美子
    8月:夏の残暑会 研究会メンバーでわいわい飲んで楽しみました。
 7月:「糖尿病患者の生活習慣と血糖コントロールについて」
          講師:高崎健康福祉大学 看護学部 助手 李 孟蓉


 6月:セルフマネジメントが必要な糖尿病性腎症透析患者を理解したい!
      −障害受容の観点からー

          講師:群馬大学医学部保健学科 助教 佐名木 宏美
     
 5月: COPDにおけるセルフマネジメントの重要性』
          講師:群馬大学医学部附属病院リハビリテーション部 
         理学療法士 長谷川信

 4月:『
経口摂取をしていない高齢者の唾液腺マッサージとその効果

          講師:済生会前橋病院看護師 木嶋千枝