平成25年度 学生


学部卒論生


 五十嵐 晶代

看護4年の五十畑晶代です。私は透析患者の家族支援について研究していこうと考えています。以前から興味を抱いていたテーマなので、先生方にご指導いただきながら頑張っていきたいと思います。また、今年は学生生活最後の年なので、卒研や国試勉強を頑張りつつ、楽しい思い出をたくさん作っていきたいです!


 近藤 沙紀

看護学専攻の近藤沙紀です。私は分子予防疫学の観点から疾患と遺伝子の関係について研究を行っていこうと考えています。この研究によって運動療法や食事療法を行っている患者さんに対する看護師の捉え方が少し変われば良いと思っています。今後の看護の場面で私自身役にたつと思うので一生懸命取り組みたいと思います。


 笹本 茉里

群馬大学医学部保険学科看護学専攻4年。本研究では、カーボカウント法を中心に糖尿病患者の食事療法の現状を学びたいと考えています。まだあまり普及していないカーボカウント法について、自身も学びを深めながら患者さんにとってわかりやすく、そして継続しやすいものになるように努めていきたいと思っています。


 福田 愛

私は血液透析の合併症の一つである皮膚掻痒感に関する研究を行っています。この研究では皮膚掻痒症に対して透析患者がどんなセルフケアを行っているのか、かゆみに対してどんな思いを抱えているのかということに焦点を当て研究を進めています。この研究で透析患者のQOLを向上させるきっかけをつくることを目標とし、患者がより健康的で充実した生活を送れるような支援となるように頑張って取り組んでいきたいと思います。



博士前期課程


 井手段 幸樹

大学院生として最新の知識を学び、自身の修論に生かしていきたいと考えています。また、研究室のゼミ生の方々や、先生方にお力を借りながら日々取り組んでいます。新たな仲間や先生方に恵まれた研究室に入れて嬉しい半面、もっと自分は勉強しなきゃと痛感しています。英語論文は難しいです、の一言。 


 及川 麻希

 美味しいものを食べること、素敵な景色を見に行くことが大好きです。でも、お金と時間がかかるので、あまりできません。きっと年を重ねても、体の自由が利かなくなっても、同じことを考えていると思います。
修士課程で学んでいく中で、制限との折り合いをつけながら生活をしているCKDの患者さまが、楽しく生活するための援助方法を考えていきたいと思います!


 大滝 徹

山形出身,臨床経験15,CNS-CCNコースの学生,DLNとして埼玉の病院で腎不全看護に従事
2013〜),三友堂病院看護専門学校の非常勤講師(2011),
研究テーマは、「チーム医療」「
Interprofessional Work,
好きな言葉、「棚からぼたもち」



 田丸 裕子

臨床でフットケアに取り組んでいます。大学院でもフットケアに関する研究を進め、学びを深めていきたいと思います。



博士後期課程


 石川 純子

[研究テーマ]
慢性病をもつ対象のケアリングに関する研究
[
研究について] 
マイペースでやっています。何ごとも、誠実・丁寧を心がけたいですね研究も同じです。
[
ひとこと]
進み続けることを大切にしたいと思います。


 上星 浩子


 恩幣 宏美

糖尿病・血液透析患者様への自己管理行動に対するアセスメントツールの開発と患者様の生活に密着した患者教育の提供をテーマに研究を行っています。患者様に食事制限があっても「やっぱり食事が楽しい!」と思っていただける支援を模索しています。


研究生


 木嶋 千枝


 高橋 さつき


 麓 真一

昨年度、博士前期課程を修了し、引き続き岡研究室で研究生としてお世話になっております。岡先生のもとで学んだことを、臨床の場に還元できるよう日々奮闘しております。今後も、慢性疾患を抱える患者様にとって、質の高い看護を提供できるよう自己研鑚に励み、新しい知識・技術を習得し臨床へ生かしていこうと思います。


 李 孟蓉


Copyright (C) Michiyo Oka All Rights Reserved.