管理者プロフィール|EASEプログラム®| 慢性看護CNS研究会ブログご利用にあたってリンク転院サマリー English


角丸四角形: 群馬大学大学院 保健学研究科
慢性疾患看護専門看護師 教育課程のご案内

 

1.慢性疾患看護専門看護師とは?

専門看護師は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師(日本看護協会専門看護師規則第1条より)。

慢性疾患看護専門看護師の特徴は、生活習慣病の予防や、慢性的な心身の不調とともに生きる人々に対する慢性疾患の管理、健康増進、療養支援などに関する水準の高い看護を行う。(日本看護協会より

  現在のCNSコース2年生

2.慢性疾患看護専攻分野の目標は?(日本看護系大学協議会より)
 ) 慢性病が個人および家族の健康や生活に及ぼす影響・特徴と、それに対する反応・療養行動特性を理解し、慢性病の予防・管理ができる。
 ) 慢性疾患の病態生理と慢性病を持つ人の発病から死に至るまでの間の変化(~急性増悪~緩和~均衡~不安定~ 悪化~)を、心理社会的側面を含めて理解し、必要な看護支援が提供できる。
 3) 慢性病を持ちながら質の高い生活をするという視点を重視し、その人の身体的、心理社会的対処能力を高めることができる。
 4) 専門知識・技術の向上を図るために、看護活動に関する研究活動に参加し、それを支援できる。


3.本学のがん看護、老人看護、慢性疾患看護、母性看護の共通履修科目は?
 共通科目A: 8単位
 *専門看護師としての実践・教育・研究・倫理・調整・相談の6つの機能を学ぶ
  
   看護教育論

   看護理論
   コンサルテーション論
   看護政策論
   看護研究方法論
   看護管理論

病気でも自分らしい人生を送ることができたと思える人が、 ひとりでも増えるように、一緒に学びましょう!
  
4.本学が目指す慢性疾患看護専門看護師とは?
 外来、病棟、在宅などあらゆる治療環境において、慢性疾患とともに生きる人々に対して、健康増進、疾患管理、療養支援などに関する高度な看護を行う人材です。
  特に理論と実践の統合を目指し、根拠のある看護を行う看護師を育成します。

 ・本教育課程は平成23年度に日本看護系大学協議会・専門看護師教育課程として承認されました。今後、38  単位教育課程を申請予定です。

 ・すでに、本教育課程から3人の慢性疾患看護専門看護師が誕生しています!!

5.本学慢性看護分野での教育科目 合計26単位

慢性看護学

特 論 Ⅰ

慢性病の特徴や、慢性病者や家族が抱える問題について学びます。また、その問題を解決するための理解と支援について学びます。

慢性看護学

特 論 Ⅱ

慢性病を持つ人の行動や認知の理解に役立つ諸理論やモデルを学び、具体的な看護技術の特徴と方法を学びます。

慢性看護学

特 論 Ⅲ

慢性病を持つ人々に適用される医療・福祉の制度や体制について学びます。また、看護外来と在宅での難病患者の支援環境・看護支援者について学びます。

慢性看護学

演 習 Ⅱ

慢性病者に関する概念を活用して病者を理解し、問題解決への実践的探索を行います。

慢性看護学

演 習 Ⅲ

慢性病者への包括的アセスメントと支援技術を基盤に、慢性病者を支援する新たなパラダイムの構築と促進について学びます。

慢性看護学

演 習 Ⅳ

慢性病を持つ人々に適用される医療・福祉の制度や体制について知見を得ると共に現状を分析します。慢性病者の支援環境と看護の実際を学び、応用につなげます。

慢性看護学

実 習 Ⅰ

慢性病者への包括的アセスメントや専門的援助方法を活用しながら、慢性看護の高度専門職として活動するためにモデルを通して学びます。

慢性看護学

実 習 Ⅱ

慢性病患者や家族に対し、入院前・入院・退院時・在宅の経過を通しての対応と実践力を高めるための実習を行います。

慢性看護学

実 習 Ⅲ

慢性疾患看護専門看護師やスーパーバイザーの指導のもと、実習Ⅰ・Ⅱでの学びを発展させ、専門看護師の6つの役割を実際に行います。

特別研究または課題研究

慢性看護学に関する研究をまとめる能力を養う


6.教育体制と主な教員

講義:本学保健学研究科全体で教育に取り組んでいます。特に本研究科は横断型ユニット体制であり、看護、検査、リハビリの枠を超えて教育を行っています。

実習:慢性疾患は多岐にわたるため、学生さんの専門に合わせて実習先を調整します。今までの実績のある実習病院は以下の通りです。

糖尿病看護群馬大学医学部附属病院、駿河台日本大学病院、伊勢崎市民病院

腎臓病看護杏林大学医学部付属病院、相澤病院

脳血管障害看護:横浜市立脳血管医療センター

難病看護:群馬県看護協会 訪問看護ステーション高崎   


      修了生の活躍状況1
      修了生の活躍状況2
      修了生の声
     

 担当教員と連絡先 

  岡 美智代(教授)   e-mail: michiyooka(アットマーク)gunma-u.ac.jp


Copyright (C) Michiyo Oka All Rights Reserved.