EASEプログラム®活用例
(Encourage Autonomous Self-Enrichment program



 慢性腎不全、血液透析を行っている50歳代女性の患者さん

  【困難事】
   水を飲まないようにしたいけれど、それがなかなかできない。透析中に足がつってしまうのがつらい

  【生きがい】
    2人の子供の成長
        生きがいと困難事を連結すると…
        元気な身体でいるために、適正な除水量で透析を行う。
  
  【活用した技法】
    ステップ・バイ・ステップ法とセルフ・モニタリング法
  
  【行動目標】
     2時間毎に水分摂取していたため、飲水を3時間毎にする。
  
  【結果】
    ・行動目標の各週の達成率:1週目-0% 2週目-42.8% 3週目-28.5% 4週目-85.7%
    ・患者様の感想:行動記録表をつけても(飲水量に)変化は感じなかったが、
     表がなかったら飲水量について考えることもしなかったと思う。
  
  【看護師の感想】
    患者様の行動・考え方を変えることの難しさを再認識した。
    しかし、困難事を明らかにする為に、患者様から本当の気持ちを聞きだす力が
    自分には不足しているということが分かった。


 
Copyright (C) Michiyo Oka All Rights Reserved.