管理者プロフィール|EASEプログラム®| 慢性看護CNS研究会ブログご利用にあたってリンク転院サマリー English
EASE プログラム®
(旧セルフケア行動変容プログラム)概要
   EASEプログラム®とは、学習理論、認知行動療法、保健行動モデルを参考にした食事・水分管理などのセルフケア行動を変容させていく実践的なプログラムです。
llllこのプログラムは腎不全や糖尿病、心不全などの方をはじめとして、禁煙やダイエットなど、セルフケア行動を変える必要がある方に活用できます。
 患者様のセルフケア行動に変化をもたらすためには、知識の提供だけではなく、本人自らが意欲を高められるような援助やアドバイスが必要です。
 ここでは、透析患者様への例を用いて「EASEプログラム®」の理論的根拠と各技法、実践時の留意点、患者様への介入例など多角的に解説します。
 
1)行動変容プログラムとは
2)各技法について 各技法について
3)共通留意事項
4)介入例 EASEプログラム®の介入例
5)活用事例
6)経験者の声 経験者の声
7)参考文献 参考文献
ビデオ
Copyright(c) 2004 Michiyo Oka. All rights reserved